内視鏡検査

内視鏡検査について

患者様への負担が少ない内視鏡検査(胃カメラ)です

当院の上部内視鏡(胃カメラ)は、口からカメラを挿入する、経口内視鏡。そして、鼻からカメラを挿入することで、嚥下反射による苦痛がない、経鼻内視鏡をご用意しています。
挿入する方法は違いますが、どちらとも同じく、食道、胃、十二指腸の内部を検査することが可能です。

検査の流れですが、患者様への負担を最小限にするために、まずは検査薬を飲んでいただき、ゼリー状の麻酔薬を塗布または、飲用していただきます。検査台に横になっていただき、口または、鼻からカメラを挿入します。ご希望があれば鎮静剤の使用も可能ですので、検査の前にお申し出ください。検査時間は、約5分程度と短時間。検査終了後、撮影したデータは、診察室の画面に映し出されるので、患者様と一緒に、実際の画像を見ながら、症状や状態について、わかりやすく説明いたします。

上部内視鏡(胃カメラ)では、胃潰瘍、食道炎など、さまざまな疾患を発見することが可能です。とくに、食道、胃、十二指腸に発生したガンをいち早く発見することができるため、年に一度はぜひ検査を受けて欲しいと願っています。

もし、検査で何か異常が見つかった場合。患部の部位と状態により、手術やその他の特別な治療が必要なときは、専門医または、最適な設備のある病院をご紹介。緊急性がある場合は、すぐその場で連携している総合病院へ搬送いたします。

当院が、上部内視鏡(胃カメラ)を行う際、一番気をつけていることは、患者様に苦痛を与えないことです。そのために必要なのは、医師の経験値だと思っています。私は、消化器内科が専門ですので、大学病院勤務時代から数え切れないほど多くのこの検査を行ってきました。長年の経験により、患者様への負担を最小限にする技術には自信があります。上部内視鏡(胃カメラ)が怖いという方、苦痛を感じたことがあるという方、ぜひ一度、当院にいらしてください。

関戸クリニック 03-3844-8666

form_sp.png

TOPへ戻る 苦しくない内視鏡検査 院長ブログ Doctor's File

新着情報

一覧へ >
2018/06/30NEW
夏季休暇のお知らせ
2018/06/30NEW
休診のおしらせ